自律神経研究の第一人者が考案『医者が考案した「長生きみそ汁」』

自律神経研究の第一人者・順天堂大学医学部・小林弘幸教授の最新作。

多くの患者を診てきた著者が気づいたのが病気や不調は、食事や生活習慣による影響が大きいということ。そこで推奨する健康法が、一日一杯の「長生きみそ汁」だ。本書では、手軽につくり置きが可能な「長生きみそ汁」の素を紹介。腸内環境を整え健康長寿を手に入れるためのエッセンスが詰まった一冊。

アスコム/1300円(税別)

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。