辻留・辻嘉一の「味噌汁三百六十五日」

味噌汁三百六十五日1

\ちまたで話題のみそ情報をピックアップ/
辻留・辻嘉一の「味噌汁三百六十五日」

 

料理人・辻嘉一著。

1959年刊のビッグサイズな味噌汁の本。

基本のつくり方から味噌の文化、味噌汁をいただく心得などを解説。

簡単便利な食が溢れる現代に「食べる楽しみを味わうために努力を」と説く。

食材を丁寧に扱い、感謝していただくことの大切さを学ぶ一冊。

題字は北大路魯山人。

ハースト婦人画報社
(東京都港区南青山3-8-38 南青山東急ビル3 階)03-6384-5000

 

味噌汁三百六十五日2

 

“Misoshiru 365 Days,” a big size miso soup recipe book by the chef Kaichi Tsuji, published in 1959,
teaches you about miso, miso soup and much more.

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

藤本智子(ふじもとともこ) 1985 年生まれ、横浜市在住。アパレル販売員、読者モデル、ファッション雑貨店マネージャーを経て、2011 年ミソガールとして「365 日味噌活宣言」をし、みその普及啓蒙活動を開始。2012年「みそソムリエ」取得。2014 年「ジャパン味噌プレス」創刊。2015年「ミラノ国際博覧会日本館サポーター」「朱鷺米応援大使2015」(佐渡市)に就任。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等がある。2016 年より「中央情報専門学校」非常勤講師。2016年10月株式会社ミソド設立、代表取締役。一般社団法人みそまる普及委員会 理事。