アパレル業界がフードロス問題に着目!みそを染料にした「みそTシャツ」

食べ物の「色」に注目し、コーヒーや野菜など、廃棄予定の食材を染料として活用するプロジェクト「FOOD TEXTILE」は、雑貨ショップ「ON SEVEN DAYS」とコラボレーションした商品を開発した。染料化する独自の技術を活用し、アパレル業界からフードロス問題に取り組んできた。その中の一つに、「みそ色」がある。

愛知県西尾市のみそ屋「今井醸造」が運営する飲食店「ぞうめし屋」とのコラボ商品。みそを製造する段階で出た残渣を使用し、染料として使用したTシャツとBAGを開発。今後、新作も発売予定という。注目だ。

豊島株式会社 ミソBAG、ミソレギュラーTシャツ

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。