「久保田ひと工房」 代表 久保田 章

久保田章さん

\ミソをつけないように…/

(「久保田ひと工房」 代表 久保田 章)

 

「もろきゅう」や生野菜を食べる時に合う味噌はないかと探していたところ、
JR新橋駅近くの岡山県のアンテナショップに「金山寺味噌」があると知り、
先日、立ち寄って買ってきた。
岡山県備前市でつくられている「きび紅麹入り・桃太郎金山寺味噌」、
これがなかなかオツなのである。

会社勤めのときは、有楽町のガード下の焼き鳥屋にしばしば通っていた。
酒のつまみの定番は、味噌煮込み、焼き鳥は味噌だれ、
生キャベツもいつも味噌で食べる。

オギャーと生まれた時から味噌大好き人間だったようだ。
子どもの頃の朝食もごはんに味噌汁、
結婚してもその習慣は変わらない。
後期高齢者になっても健康でいられるのは、
「ごはんに味噌汁」のおかげと信じている(お酒も含むが)。

会社をリタイアして二十年。
夫婦二人で日曜日的な毎日を送っているが、
朝食をつくるのは私の担当になった。
妻曰く「頭の体操になる」。

なるほど、味噌汁に何を入れるか、おかずは何にするかなどと考え、
手を動かして料理をし、食卓に並べるなど、
頭を使ってやらなければならないことはたくさんある。

味噌汁に豆腐とわかめは必ず入れる。
しかし肝心の味噌は定番という味噌がない。
「八丁味噌」が好みだが、溶かすのに時間がかかるので敬遠しがち。
合わせ味噌がおいしいと聞き、白味噌と赤味噌を混ぜている。
しかし、どの味噌がいいのか、
あまりに種類が多く、いまだに決まっていない。
いろいろな味噌を試してみるのも、
味噌汁づくりの楽しみの一つになっている。

さて、明日はどんな味噌汁ができるか?
どんな朝食になるか?

朝食づくりで「頭の体操」。
元気な「光輝高齢者」を目指して、ミソをつけないようにがんばろう!

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

藤本智子(ふじもとともこ) 1985 年生まれ、横浜市在住。アパレル販売員、読者モデル、ファッション雑貨店マネージャーを経て、2011 年ミソガールとして「365 日味噌活宣言」をし、みその普及啓蒙活動を開始。2012年「みそソムリエ」取得。2014 年「ジャパン味噌プレス」創刊。2015年「ミラノ国際博覧会日本館サポーター」「朱鷺米応援大使2015」(佐渡市)に就任。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等がある。2016 年より「中央情報専門学校」非常勤講師。2016年10月株式会社ミソド設立、代表取締役。一般社団法人みそまる普及委員会 理事。