作曲家・中村守孝さん「音楽に欠かせないミ・ソ」

中村守孝さん

私たち音楽家は、「ミソ」といえば、ドレミファソのミソをイメージする。
音楽でミ・ソはとても大事な音で、ほとんどの曲がミかソで始まります。

 

たとえば、誰でも知っている「ちょうちょう」ソミミ♪や、
「むすんでひらいて」ミーミレドド♪。
まだまだたくさんの曲が、ミかソで始まります。

 

そして、日本人のスープといえば味噌汁。
朝昼晩に欠かせない味噌汁もミソ。ミとソは大事な字です。

 

ところが改めて「味噌」について考えてみようにも、
お恥ずかしいことに、味噌の知識は皆無といってもいいほどでした。
種類も白味噌・赤味噌くらいしか知りません。

 

そんな私ですが、味噌汁といえば、やはり「おふくろ」を感じます。
子どもの頃、朝、お母ちゃんが練炭をおこし、豆腐を切るまな板の音、
そして味噌汁の匂いで目が覚める毎日を思い出します。

 

それから一日も欠かさずに味噌汁を飲んでいます。
学生時代、親元から離れ、下宿生活の自炊で一番はじめに覚えたのも味噌汁です。
貧乏学生にとって、味噌汁があればごはんになる万能スープです。
亡き母の味、自炊の味噌汁は青春の思い出です。

 

以前より、「お母さん大学」の藤本裕子代表とは交流があり、
お母さんの応援歌として『はじめての日』(日本コロムビア)を作曲させていただいたご縁から、
お嬢さんであるミソガール、藤本智子さんの「みそまる」に興味を持ち、
昨年『みそまる音頭』を作曲させていただきました。
作曲したからには、味噌のことをもっと勉強していかなければと思っています。

 

一言でいえば、味噌汁は「お母ちゃんの味」。
「みそまる音頭」の歌詞にもありますが、味噌汁は家族が一つの丸になる。
それほどに味噌汁は家族団らんの一服です。

 

(作曲家・中村守孝さん)

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。