ヘルツの会・代表 山本正さん「味噌と醤油」

山本正さん

山口県の実家の倉庫に、大きな甕がある。
中に真っ黒い味噌が入っていた。
母も知らなかったものである。
十年か二十年経っているようだ。
年月とともにエネルギーを抱き込んだ貴重な味噌であった。
上京してからは、年に一度、帰省した時に、
少しずつ持って帰って、大切に食べたのを覚えている。

二年、三年と長い間、じっくりと熟成された味噌は、
台地のパワーが移るのか、驚くほどパワーが宿り、
病気の人もすっかり元気になってしまうのだ。

昔、小学生の頃、近所にスーパーマンのような後輩がいた。
毎日、何を食べているのか聞いたことがある。
「味噌(味噌汁)とこうこう(たくあん)だ」と言ったのを覚えている。

なんでこんな栄養のないもので元気なのかと思った。
味噌とたくあんの発酵食品で、腸内を善玉菌の巣にした結果だと思われる。

私の食養の先生である細野雅裕氏は、
「味噌、醤油は、四季の移り変わりとともに生産される野菜の味を引き出し、
海の幸である魚介類の味を堪能させてくれる、最高の調味料であり、
しかも栄養食品であります」と言い、
著書『便秘・貧血は恐ろしい』(新国民社)の中で、
味噌の効用、味噌を用いた食薬のつくり方を紹介している。

また細野氏は、「鉄火味噌」は、梅醤番茶、ゴマ塩と並ぶ三種の神器で、
その薬効は、薬などの遠く及ばないものであり、
安心して常用できる食薬の王様だと言っている。

国立がんセンター研究所で疫学部長をしていた故平山雄博士は、
日本癌学会で「味噌が胃がんの発生リスクを下げる」と発表した。

(ヘルツの会 代表 山本正さん)

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。