コーチイワサ代表・岩佐俊一さん「データが証明?」

これまでアパレルや福祉、飲食、まちづくりなど、
さまざまなジャンルの仕事をしてきました。

50歳を過ぎるまでは全く病院に縁がなかった私ですが、
若い時の不摂生が祟り、
今や生活習慣病のデパートといってもいいくらいの病院通い生活。
薬は降圧剤2種類、胃腸薬4種類、利尿薬…を、
10年以上、毎食後8種類以上服用しています。

その私に変化が表われ始めたのです。
なんと、日中の血圧が安定し始め、めまいの症状も少なくなり、
最近は家内から食事のあとに「薬は?」と言われるくらいまでに健康回復。

いったいなぜ…? 何が原因で…?

私は病院通いを始めてからデータを取って保存しています。
その時々の症状、日時、病院名、医師のコメント、処方された薬など。
それに加えて、朝夕の血圧や血液検査のデータなど欠かさず保存し、
一覧表にして健康保険証と一緒に持ち歩いています。

新しい病院に行った時など、非常に役に立っています。
大抵、病院では「こんな人見たことない」と言われ、
驚かれると同時に褒められ?ます。

日記には体調の変化や症状を細かく記し、
先生のコメントも付記しているので、
体調に変化を感じた時には大いに参考になっています。

「俺はいつ死んでも悔いはない」と、
日頃から周りに強がりを言っている私ですが、ほんとは弱虫な自分を、
このデータ収集で暴露されてしまいました。

そのなぜ?が、ひょっとして半年前から飲み始めた味噌汁のおかげ?
ただ今、データの解析中です。

現在75歳。
今日も私は元気いっぱい!なので、
味噌汁」に間違いないと信じています。

(コーチイワサ代表・岩佐俊一さん)

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。