一杯の味噌汁が、ヒトの体と心の痛みを癒す

川口先生

大妻女子大学家政学部教授 川口美喜子さん

第35 回マスコミセミナー(主催:みそ健康づくり委員会)で、大妻女子大学家政学部の川口美喜子教授は、「栄養治療におけるみそ汁の価値~一杯のみそ汁が、ヒトの体と心の痛みを癒す~」と題して講演。1040 人に「味噌汁が好き?」と尋ねた調査(みそ健康づくり委員会実施)で、「味噌汁が好き」「どちらかといえば好き」と答えた人が93.7%に及んだ結果から、「93.7%が支える味噌の魅力」を力説しました。

これまで、自力で食べられなくなった患者の栄養サポートにさまざま取り組んできた川口先生ですが、特に、味噌スープを経腸栄養に利用し、体力の向上につながった事例を話しました。可能な患者には、味噌スープを経口で飲む、口に含む、舐める、匂いを嗅ぐ、あるいは色を見てもらうなどし、野菜で出汁をとった味噌スープを経腸栄養に利用。すると、79 人 中71 人に改善効果が見られたというのです。一杯の味噌スープが懐かしい味と香りの記憶を呼び起こし、腸管の働きを良好にしたのです。

大学生

Mikiko Kawaguchi, a professor of Domestic Science at Otuma Women’s University, gave
a lecture on miso soup’s wonderful effects on our health and mind, and she stated that we didn’t have to worry about the salinity of miso soup.

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。