ブレンドも自由自在!「みそパレット」

冷蔵庫にみそ1個!というご家庭も多いようですが、色合いや質感が全く異なるおみそが、全国各地にたくさんあります。個性的なみその数々、見ているだけでわくわくしませんか? 一度にいろいろな味が楽しめる、「みそパレット」をご紹介します。

ミソガール宅には、常時50種類ほどのみそがあります(笑)。が、もちろん全部は食べきれません。そこで、「みそパレット」の出番です。お世話になっている方や家族へ、数種類のみそをきれいに詰めておすそ分け。「みそパレット」の最大の魅力は、「合わせみそ」が簡単にできることです。色や風味の違うみそを合わせれば、単品で味わうよりも深みとコクが出ます。アイシャドウをブレンドするみたいに、気分次第でみそのチョイスや配合を変えれば、バリエーションは無限大。

つくり方はとっても簡単。用意するのは、お好きなみそ数種類と昆布、詰める容器だけです。

【STEP1】
みそとみその仕切りに使う昆布を、容器のサイズに合わせてカットします。なるべく平らな昆布がおすすめです。

【STEP2】
均等な幅になるよう、容器に1種類ずつ詰めていきますが、みそが混じり合わないよう昆布で仕切りします。なるべく色や質感の違うみそを隣り合わせにすると、コントラストが際立ち、きれいに仕上がります。

たったこれだけで、「みそパレット」の完成です!冷蔵庫か冷凍庫で保存し、使うときは清潔なスプーンでみそを取り出してください。

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。