マルコメ2015 年 春夏新商品 大豆たんぱくの「肉みそ風チューブ」

料亭の味 肉みそ風

 

味噌のトップブランド「マルコメ2015年春夏新商品発表会」
(本社:長野市/ 社長:青木時男)におじゃましました。
この日ミソガールは、サーバーコーナーでお客様にスープと味噌汁をご案内。
新商品、タニタ食堂® 監修の「酸辣湯スープ」と「ベジタブルチャウダー」ほか、
試作品の「オーガニック」「化学調味料無添加みそ」
「塩分1.0gのみそ汁」「ベジタリアン」4 種をサーブ。
個人的には「ベジタリアン」のおいしさに感動しました。

最近は高齢者ばかりか若い人も、
カロリーや栄養バランスを気にする人が増えていることから、
マルコメではより「健康」を意識した商品開発を進めています。

また、忙しい30 代、40 代をターゲットにした、
ヘルシーで、しかも使いやすさを考慮した商品も多く見られました。

「料亭の味 肉みそ風」は、「肉」ではなく、
「大豆たんぱく」を使ったにんにくのきいた肉味噌風調味料。
ハンドリングのよいチューブタイプなので、
おかず味噌としてごはんにかけたり、炒め物に使ったりと、
味噌を身近にしてくれる一品。

同シリーズ「料亭の味 唐辛子みそ」も、
辛いもの好きの私の興味をそそりました。
ラーメンや焼き肉、餃子には定番。
チャーハンや味噌汁への「ちょい足し」もイケるかもしれません。

さらに、以前本紙でも紹介した、
マルコメ×ロックバンド味噌汁’s のコラボレーションの続報ですが、
メンバーたちが味噌蔵でロックを聴かせ熟成を進めた、
こだわりの即席カップ「ロックを聴かせた味噌汁」が
まもなくコンビニの店頭に並びます(一部店舗を除く)。

これに先駆け東京・表参道に2 月8 日までの期間限定で
「マルコメ×味噌汁’sコラボショップ」をオープン。
「ロックを聴かせた味噌汁」をはじめ、オリジナルコラボT シャツの販売、
味噌汁の試飲などが行われます。
おしゃれで楽しいもの好きな若者たちに
「味噌」を伝えるチャンスになりそうです。
詳しくはホームページで。

(ミソボーイ青柳伶旺)

料亭の味 唐辛子みそ

 

ロックを聴かせた味噌汁

 

Miso Girl served miso soup at an event where Marukome introduced its new products,
many of which are healthy and easy to use,
such as “Ryotei no Aji Nikumisofu,”
a miso-flavored seasoning in a tube, made with soybean meat.

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

藤本智子(ふじもとともこ) 1985 年生まれ、横浜市在住。アパレル販売員、読者モデル、ファッション雑貨店マネージャーを経て、2011 年ミソガールとして「365 日味噌活宣言」をし、みその普及啓蒙活動を開始。2012年「みそソムリエ」取得。2014 年「ジャパン味噌プレス」創刊。2015年「ミラノ国際博覧会日本館サポーター」「朱鷺米応援大使2015」(佐渡市)に就任。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等がある。2016 年より「中央情報専門学校」非常勤講師。2016年10月株式会社ミソド設立、代表取締役。一般社団法人みそまる普及委員会 理事。