東京駅No.1 駅弁の呼び声が高い「牛肉どまん中みそ」

写真(牛肉どまん中みそ味)

\ちまたで話題のみそ情報をピックアップ/

東京駅No.1 駅弁の呼び声が高い「牛肉どまん中みそ」

 

東京駅の「駅弁屋祭」で人気No.1 を獲得した、新杵屋の「牛肉どまん中」の味噌味バージョン。

山形県産米「どまんなか」をふっくら炊き上げ、

その上に厳選した米沢牛を特製ダレで味付けした牛そぼろと牛肉煮をのせた牛丼風弁当。

甘めの味噌ダレが柔らか牛肉にしっかりなじみ、食が進みます!

米沢駅前本店ほか、米沢駅、福島駅、大宮駅、東京駅など主要駅の駅弁ショップ、

山形新幹線つばさ車内販売も。

“Beef Domannaka Miso” is a popular ekiben (a boxed lunch sold at a station).
The softly cooked beef seasoned with sweet miso is very tasty.

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。