いろんなものにかけてみよう みその塩「みしょ」

みしょ

\ちまたで話題の味噌情報をピックアップ/

いろんなものにかけてみよう
みその塩「みしょ」

 

新潟県粉味噌研究会開発の「みしょ」(60g)は、みそを乾燥し粉にしたもの。

おにぎりや天ぷら、パスタ、ピザなど、さまざまな料理に塩感覚で使え、アレンジは無限大。

塩に比べて塩分が低いので、ドバッとかけても大丈夫。

山本味噌醸造場(432 円税込)と、百川味噌(410 円税込)で発売中。

山本味噌醸造場(上越市)025-543-2283、

百川味噌(新潟市)025-244-5437

 

Misho is versatile, useful powdered miso that you
can use just like you use salt in your cooking, which
adds a nice flavor to your food.

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。