さば缶の常識を覆す 田村長「鯖の缶詰 味噌煮」

\ちまたで話題のみそ情報をピックアップ/

さば缶の常識を覆す 田村長「鯖の缶詰 味噌煮」

 

さばとの相性がピッタリの米五製みそを使用。さばの余分な脂を落とし、旨味たっぷり。骨まで驚くほどやわらかく、年配層にも好評。さばの生臭みが出ないよう、人手による水洗いで血などを丁寧に洗い落とし、一度スチームで蒸してから調味液を入れ仕上げた逸品。70g、540 円(税込)

田村長(小浜市小浜広峰14)TEL0770-52-0310

Tamuracho Saba no Kanzume Misoni is canned
miso-simmered mackerel, which is full of umami and is cooked until the bones are very soft.

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。