江戸時代より受け継ぐ、伝統の味「川口麦みそ」

川口麦みそとは

埼玉県川口市は、江戸時代後期から醸造品の製造が盛んに行われており、中でも「みそ」は全国でも有数の産地であった。川口のみそは、北関東特有の長熟熟成の麦みそ。香り高く、コクのある深い味わいが特徴で、ほかでは味わえない個性の強いみそだ。

みそ醸造業が発展したのは、地区内で優良な原料麦がとれたことと、江戸という大消費地に隣接していたことによる。陸上交通が発達する以前は、最大の輸送力を持つ交通機関は舟であり、みそとともに、年貢米や特産品のクワイ、れんこんなどが次々と江戸に運ばれた。最盛時には10工場が操業していたが、昭和に入り、戦時体制が強化されると、原料大豆の不足によりみその価格が高騰。戦後、一時は盛り返したものの、各種産業の発展により昭和40年頃には、ほとんどみそ製造が行われなくなってしまった。

このみそを復活させようと、酒類・調味食品問屋の株式会社アライが音頭を取り、地元企業や施設、行政などが協力し合い、街ぐるみの一大プロジェクトをスタート。そうして誕生したのが、「川口御成道みそ」で日光御成街道からネーミングされた。現在「川口御成道みそ」は、川口市西新井宿にある社会福祉法人ごきげんらいぶの施設内にて、手づくりで製造。県産大豆と国産大麦を使用し、大豆の栄養成分とうまみを逃がさぬよう大豆を蒸して仕込み、1年かけて熟成させる。月に約500kgしかできない貴重なみそで、その味は各方面から高い評価を受け、「彩の国優良ブランド品」にも認証された。「川口御成道みそ」は、麦みそと米みその2種類。ラーメン店など飲食店で使われることが大半で、市場に出回る量は極めて少ない。みその味わいが濃いので、みそ汁以外にも、煮込み料理や炒め物などにもぴったりだ。お求めは、新井商店の店頭・ネット、そごう川口店等でどうぞ。


各400g、480円(税別)


昭和初期頃、芝川でのみそ出荷の様子


昭和初期頃、みそづくりの様子

鋳物汁

かつて川口市には多くの鋳物工場があり、そこでふるまわれていたのが「鋳物汁」だ。豆腐やこんにゃく、にんじんなどがたっぷり入ったみそ味の汁。具材を炒めることと、風味づけのごま油がポイントで、溶解炉の中で煮えたぎる湯 (鉄を溶かしたもの)をイメージしている。

川口御成道みそを使った料理が味わえる店「新井商店」

JR京浜東北線川口駅近く。気軽に立ち寄れるアットホームな雰囲気の居酒屋。ワインや日本酒の種類も豊富で、「梅味噌ハイボール」も飲める。お酒に合う一品料理も充実。
【新井商店】川口市幸町2-2-23 TEL048-256-1010

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

藤本智子(ふじもとともこ) 1985 年生まれ、横浜市在住。アパレル販売員、読者モデル、ファッション雑貨店マネージャーを経て、2011 年ミソガールとして「365 日味噌活宣言」をし、みその普及啓蒙活動を開始。2012年「みそソムリエ」取得。2014 年「ジャパン味噌プレス」創刊。2015年「ミラノ国際博覧会日本館サポーター」「朱鷺米応援大使2015」(佐渡市)に就任。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等がある。2016 年より「中央情報専門学校」非常勤講師。2016年10月株式会社ミソド設立、代表取締役。一般社団法人みそまる普及委員会 理事。