昔ながらの味 久米島特産「たいらの味噌」

たいらの味噌

\ちまたで話題のみそ情報をピックアップ/

昔ながらの味 久米島特産「たいらの味噌」

 

久米島は那覇から飛行機で約25 分の離島。

久米島産の良質な米をたっぷり使った「たいらの味噌」は塩分5 ~ 7%と

甘口でまろやかな味わい。好みに合わせ食塩で調整できるのも魅力。

昔ながらの手づくり製法、非加熱、無添加。みそ汁や酢みそ、みそ煮など幅広く使える。

700g、648 円(税込)

■たいら(沖縄県島尻郡久米島町比嘉55-1)098-985-7308

 

Taira no Miso is a sweet, mild miso from Kumejima
Island made with high-quality rice grown on the
island, which goes well in many dishes.

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。