愛媛の麦みそ共通ロゴマークで国内外向けブランド戦略

のぼり

「愛媛の麦みそ」の特徴は、大麦、はだか麦を原材料にふんだんに使っていること。「はだか麦」とは、大麦の一種で、表皮が剥がれやすいことから名づけられ、愛媛県が生産量日本一を誇っている。もともと麦みそは、農家の自家用につくられていたものが多く、別名「田舎みそ」とも呼ばれている。

麦みそと一口にいってもさまざまなテイストがあるが、中でも「愛媛の麦みそ」は塩分は控えめで、まろやかな風味と、甘みや香りのバランスがとれたやさしい味わいが特徴。みそ汁はもちろん、そのままディップで食べてもおいしい。食べ慣れていないと「これがみそ!?」と、その甘さに驚く人もいるが、ゴロッとした麦のつぶつぶ、香りがたまらない。食物繊維は白米の10 倍以上で、健康・美容意識の高い人にも人気がある。

瀬戸内麦みそ

 

「この麦みそが、愛媛の味を支えてきたといっても過言ではないが、食生活が変化し県内消費量は減少する一方で、廃業するメーカーも少なくない。みそ離れが進んでいる現状を受け、県と愛媛県醤油味噌協同組合は、愛媛の麦みその知名度向上のため、シンボルマークをつくり、付加価値の高い商品としてのブランド化を図ると決意した」と森秀夫理事長。

 

森文社長

森 秀夫理事長

 

今春には、独自の品質基準をクリアした商品に添付し、国内外での消費拡大を目指す。ハートに麦を描いたデザインが、愛媛のおいしい麦みその証だ。昨年、マレーシアやスイスの展示会に麦みそを出展し、好評を博したほか、台湾のスーパーでも販売を開始するなど、海外展開も着々と進んでいる。今後の展開に目が離せない。

 

A logo that will be used for barley miso made in Aich was created to turn them into a brand and promote them more widely in and outside of Japan. These barley miso are mild, sweet, flavorful, high in fiber, and low in sodium.

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。