南仏の少年は根菜味噌汁をおかわりしてくれた

01

 

\味噌玉世界旅行 by 武重美亜/
南フランス編

 

02

 

コート・ダ・ ジュールやプロヴァンス、モナコなど、リゾートのイメージが強い南フランス。

「実は、パリよりバルセロナに行くほうが近いんだ」

と語る南フランス在住のフランス人夫婦の家で、1週間滞在させてもらうことになりました。

地図で確認すると、自国の首都よりスペインの地方都市のほうが断然近いのです。

地中海文化に色濃く影響を受けていたり、スペイン語を話す人も少なくなかったりと、

なんだかパリとは違った雰囲気の、陽気でリラックスした地域でした。

日曜日のお昼は、グラス一杯のワインと牛肉の煮込み料理で豪華に祝います。

毎週日曜日は盛大にお肉を食べ、日頃仕事で忙しい頭と体を休めます。

そんな日の晩は体の芯からリラックスしてもらおうと、

味噌汁をつくらせてもらうことにしました。

隣の村で週末に開かれる路上マーケットへ行くと…、

さすがフランス! チーズやソーセージ、新鮮な野菜が並びます。

カブ、人参、菜っ葉を味噌汁用に買いました。

フランスでは、スープをポタージュのように煮立てた具を

ハンドミキサーで液体状にすることがほとんどなので、

イタリアのミネストローネや日本の味噌汁のように、

具の形が残ったままのスープを気に入ってもらえるだろうか…。

そんな私の心配が嘘みたいにみんな喜んで食べてくれました。

特に14 歳の長男は何杯もおかわりをしてくれました。

鰹節の出汁でコトコト根菜を煮たシンプルな味噌汁は、

平和で温かい日曜日の夜の食卓を囲むのにぴったりだったよう。

あたたかい家族の団らんに混ぜていただけたことに感謝する1 週間でした。

 

03
03×
04
05

 

A journey to serve miso soup to people all around the world, Southern France edition.
I made miso soup with fresh vegetables for a French family.
Despite my worries, they enjoyed the soup very much.
The 14-year old son asked for another serving many times.

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。