ヤムイモと山羊肉でつくった「スープ・デ・ミソ」

01街並み

\味噌玉世界旅行 by 武重美亜/
キューバ・ハバナ編

 

レトロな車、シガーをくわえたおじさん、

家々やサイクル力車のスピーカーから流れるラテン音楽…

キューバ・ハバナのまちを歩いていると、

不思議と私の心も躍りだし、道ですれ違う人と思わず

「オラ!」(スペイン語でこんにちは)と笑顔で挨拶してしまうほど。

キューバには、一般の家が旅行者に部屋を貸し出す

「カサ・パティキュラール」という民宿の仕組みがあります。

宿探しをして歩き回っていたある日、

周辺の雰囲気が気に入ってドアを叩いたのが、ミルカさん夫婦の家でした。

22 歳の長女ミレネットちゃん(写真右端)は言います。

「歯科学校を卒業し歯医者になったら、

歯医者を隣国に輸出する政府のプログラムがあるから外国に行くチャンスもあるの」。

キューバは海外へのアクセスに乏しく、物資も不足することがあります。

キューバに滞在中、私は彼女にスペイン語を習い、

私は英語を教えることに決めました。

こうしてお互いのことを知っていくのがうれしいのです。

そして、交流手段として、もちろん味噌汁もふるまいます!

もちもちして甘いヤムイモ、とろっとしたオクラ、

山羊肉がおいしい豚汁風の具だくさん味噌汁です。

越後長岡のたちばな味噌で濃く味付けをしました。

お母さんのミルカさんは「ビューティフル!」と歓声を上げ、

お父さんは何度も「おいしい」と言いながら完食!

ミレネットちゃんもかわいい目をぱちぱちさせながら「ありがとう!」と言ってくれました。

日本のことは「野球が強い」「勤勉だ」くらいしか知らないそうですが、

これからは「Sopa de miso」(スペイン語で味噌汁)も思い出してくれるかもしれません。

 

 03野菜

02市場

04味噌汁具材

05味噌汁

06夫婦

07娘

 

A journey to serve miso soup to people all around the world, Habana, Cuba edition.
A Cuban family loved tonjiru-like “Sopa de miso” (miso soup in Spanish)
made with Tachibana Miso, yams, okras, and goat meat, saying “Beautiful!”

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

藤本智子(ふじもとともこ) 1985 年生まれ、横浜市在住。アパレル販売員、読者モデル、ファッション雑貨店マネージャーを経て、2011 年ミソガールとして「365 日味噌活宣言」をし、みその普及啓蒙活動を開始。2012年「みそソムリエ」取得。2014 年「ジャパン味噌プレス」創刊。2015年「ミラノ国際博覧会日本館サポーター」「朱鷺米応援大使2015」(佐渡市)に就任。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等がある。2016 年より「中央情報専門学校」非常勤講師。2016年10月株式会社ミソド設立、代表取締役。一般社団法人みそまる普及委員会 理事。