インカのトウモロコシとジャガイモでつくる味噌汁

1

\味噌玉世界旅行 by 武重美亜/
ペルー・リマ編

 

紀元前800~ 紀元後800 年に栄えたナスカ、

15 世紀にスペイン人に滅ぼされたインカ。

いずれも南米ペルーにあります。

現在は、我々の顔に近いインディヘナのほかに

スペイン人と混ざったメスティーソの人々をよく見かけます。

現在までめまぐるしく変化してきたペルーを旅していると、

はかなさを感じずにはいられません。

数千年も前からアンデス(ペルー・ボリビア・チリ)で栽培され、

文明の発展の支えとなったトウモロコシとジャガイモを使って、

味噌汁をつくってみたいと思いました。

首都リマ在住のダビット(35)さんと2 人の従姉妹、

マリアネラさんとディエナさん双子姉妹(35)にふるまいます。

ダビットさんのお宅に到着すると、

ペルー音楽の「クンビア」と「スカ」と呼ばれる新しいジャンルのロック、

アメリカのヒップホップを代わる代わる流してくれました。

さて、味噌汁づくりを開始したいと思います!

鰹節を削り、市場で購入してきたトウモロコシの実を包丁で取り、

ジャガイモの皮を剥き、ニンジン、タマネギ、青ネギを刻み調理します。

最後に越後長岡味噌醸造たちばな本舗の米麹味噌を溶き入れて完成です!

双子姉妹のマリアネラさんとディエナさんはトウモロコシの存在に

「チョクロ(トウモロコシのこと)!チョクロ!」と喜び、

ダビットさんは「スープに溶け込んだ魚の風味がわかる!

味噌は親しみのない味だけれど、すごくおいしい!」と汁まで残さず完食。

歴史あるトウモロコシとジャガイモ、

味噌と鰹節の輝かしいコラボレーションとなりました。

  1a

2 4 5 6

 

A journey to serve miso soup to people all around the world, Lima, Peru edition.
Although miso was unfamiliar to my guests,
they enjoyed miso soup with bonito broth, cones and potatoes, finishing every drop of the soup.

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

藤本智子(ふじもとともこ) 1985 年生まれ、横浜市在住。アパレル販売員、読者モデル、ファッション雑貨店マネージャーを経て、2011 年ミソガールとして「365 日味噌活宣言」をし、みその普及啓蒙活動を開始。2012年「みそソムリエ」取得。2014 年「ジャパン味噌プレス」創刊。2015年「ミラノ国際博覧会日本館サポーター」「朱鷺米応援大使2015」(佐渡市)に就任。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等がある。2016 年より「中央情報専門学校」非常勤講師。2016年10月株式会社ミソド設立、代表取締役。一般社団法人みそまる普及委員会 理事。