日本とアマゾンのフュージョン料理・バナナ味噌汁!

01

\味噌玉世界旅行 by 武重美亜/
ペルー・アマゾン編

 

ペルーはアンデス山脈のイメージが強く、

アマゾン地帯というペルーの第二の顔は全く予期せぬものでした。

リマから26 時間のバス移動の後、アマゾン川を4 日かけて移動し、

たどり着いたのが、イキトスという「陸路では行けない世界最大の町」です。

さらにボートを走らせ、ジャングルの奥に進めば、

いまだ文明社会との接触を拒み続けている部族も生活しているといいます。

イキトスでは、マリエラさん夫婦が運営する民宿に泊まりました。

旦那さんは、毎日家族の洗濯物をタライを使って手洗い。

雨期で雨がドサーッと降る時間帯を上手にかわして、

屋上へ洗濯物を気持ちよく干しに行きます。

奥さんのマリエラさんは、いつも笑顔で家族みんな幸せそう。

豆を煮込んだ料理と米が定番のメニューらしく、

マリエラさんは昼ご飯に夜ご飯と、

いい香りを漂わせながら家族のエネルギー源をつくっています。

そのキッチンで味噌汁をつくり、マリエラさん夫婦にふるまうことにしました。

具材は紫タマネギ、ニンニク、生姜、香草、唐辛子、鶏肉、そして必殺バナナ。

スープ用のバナナはアマゾンではよく食べられている食材。

生では食べずに煮たり焼いたりします。

鶏肉の旨みが効いたスープにこのバナナはよく合います。

唐辛子でピリっと仕上げ、越後長岡のたちばな味噌を溶き入れ完成です。

マリエラさんも旦那さんも「おいしい!」と気に入ってくれました。

「日本でもバナナを食べるの?」と聞かれ、

「甘いバナナは食べるけれど、調理用バナナは食べません。

これは日本とアマゾンのフュージョン料理です!」と答えました。

バナナの味噌汁は、蒸し暑いアマゾンの忘れられない味になりました。

 

02 03 04 05 06

 

A journey to serve miso soup to people all around the world, the Peruvian Amazon edition.
I made miso soup with banana, an amusing fusion of Japanese and the Amazonian flavors,
which my guests enjoyed.

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

藤本智子(ふじもとともこ) 1985 年生まれ、横浜市在住。アパレル販売員、読者モデル、ファッション雑貨店マネージャーを経て、2011 年ミソガールとして「365 日味噌活宣言」をし、みその普及啓蒙活動を開始。2012年「みそソムリエ」取得。2014 年「ジャパン味噌プレス」創刊。2015年「ミラノ国際博覧会日本館サポーター」「朱鷺米応援大使2015」(佐渡市)に就任。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等がある。2016 年より「中央情報専門学校」非常勤講師。2016年10月株式会社ミソド設立、代表取締役。一般社団法人みそまる普及委員会 理事。