農水省「Let’s! 和ごはんプロジェクト」の幕開け

忙しい子育て世代に和ごはんのススメ

今年は、和食文化が「ユネスコ無形文化遺産」に登録されてから早5年という節目の年。「和食」は健康的で栄養バランスがよいのは誰もが認める事実。しかし、毎日の食事を考えると「手間がかかる、面倒」と敬遠されがちだ。そこで、忙しい子育て世代に和食をもっと身近に、もっと手軽に食べてもらおうと、農林水産省は6月末から「Let’s! 和ごはんプロジェクト」に乗り出した。

「和食」というと、会席料理のような豪華な食事をイメージしがちだが、家庭料理も立派な和食。「あえて『和ごはん』としているのは、子育て世代の方々により身近で親しみやすい表現にしたかったからです。また、“Let’s!”とすることで難しく考えず手軽に始めてもらえるように、との思いを込めています」と、農水省の田中佑一さん。味覚が形成される子どものうちに、「和ごはん」を食べる機会を増やすことが大切だ。

今後、官民が一体となり、食品製造業者、流通業者、中食・外食業者ら食に関わる事業者と行政がタッグを組み、プロジェクトを盛り上げていく。農林水産省ホームページより、参加登録受付中だ。みそ汁は「一汁一菜」の「汁」を担う、欠かせない食べ物。忙しいときは、ごはんとみそ汁だけでも十分な「和ごはん」に。「みそまる」は、まさにこの趣旨にぴったりなので、弊紙としても同プロジェクトの発信をしていきたい。

ごはんからエネルギーを、野菜や海藻がたっぷり入ったみそ汁からは必須アミノ酸やミネラルを補給、朝からパワフルに動けるのだ。子どもがすくすく育つ日本を目指すためにも、「和ごはん」を食べ続けることが大事。普段はパンやパスタばかり、という人も、まずは、ごはんとみそ汁から始めてみてはいかが。

【問合せ】食料産業局食文化・市場開拓課和食室
代表03-3502-8111(内線3085)

Let’s! 和ごはんプロジェクト

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。