映画『マイマイ新子と千年の魔法』から名づけられた「防府みそ焼きマイマイ」

防府みそ焼きマイマイ
みそトピ

\映画『マイマイ新子と千年の魔法』から名づけられた/
焼きうどん「防府みそ焼きマイマイ」

美食グランプリイベント様子2

 山口県防府市は県央に位置し、
日本最古の天満宮や周防国分寺など歴史的遺産や、
古きよき文化や食品が受け継がれているまち。

 

はじめて聞く人は、「防府みそ焼きマイマイ」って一体なに!?
と思うかもしれないが、見た目は焼きうどん風。
最大の特徴は、ソースの代わりに「もろみ味噌」で味付けし、
鉄板で香ばしく焼き上げていること。

 

そして地元でよく食されている「魚ロッケ」
(魚肉のすり身にタマネギ、ニンジンなどの野菜をみじん切りにしたものを混ぜ揚げたもの)
を上にのせて食べるのがお決まり。
一口食べると、口いっぱいに香ばしい「もろみ味噌」の風味が広がる。

 

「山口の美びぃくぅ食グランプリ大会」で優勝、
山口県主催「B級グルメ大会」で優勝実績もあるご当地グルメ。

 

2011年に、市内の食品製造業者や飲食店、商店街、商工会議所、市役所が、
「ほうふB級グルメ開発会議」を結成し同メニューを考案。
防府では、昔から低塩で麹をたっぷり使う麦みそが食されてきたことに着目。
麹の量が多いため、香りも甘みも強いのが特徴。
「防府みそ焼きマイマイ」は、この麦みそに使う麦麹をたっぷり使った
「もろみ味噌」(おかずみそ)を使用することを定義にしている。

 

「防府みそ焼きマイマイ」の「マイマイ」は、防府市出身の芥川賞作家、
高樹のぶ子氏の自伝的小説をアニメーション映画化した
『マイマイ新子と千年の魔法』からつけられた。

 

マイマイとは、山口県の方言で「つむじ」を意味し、
うどんと「もろみ味噌」をつむじの渦のように混ぜ合わせることから、
「マイマイ」という名がつけられた。
片淵監督は、放映終了後も何度も防府のまちを訪れ、
ファンと映画の舞台を歩くというイベントを度々開催。
「防府みそ焼きマイマイ」は、ファンミーティングの際にも提供された。

 

「ほうふB級グルメ開発会議」のメンバーは、
「ブームで終わらせず、 食文化として定着させたいと意気込む」。

 

【防府みそ焼きマイマイの定義】
①うどんを使う
②もろみ味噌を使う(防府産)
③魚ロッケを使う(防府産)

 

 

ほうふB 級グルメ開発会議(防府商工会議所内)
山口県防府市八王子2-8-9 TEL0835-22-4352

 

【提供店舗】
● CafeGlebe
(天神1-10-27)0835-28-7860
●北京菜館 天香茶屋
(天神1-6-6)0835-25-9990
●居酒家・黒
( 車塚町 3-36)0835-28-7445
●おこいさん
(宮市町6-18)0835-22-0340

 

Hofu Misoyaki Maimai, a local dish of Hofu,Yamaguchi,
is yaki udon (stir-fried udonnoodles) topped with a fish croquette
and seasoned with a flavorful moromi miso.

 

みそトピ
みそトピ

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

藤本智子(ふじもとともこ) 1985 年生まれ、横浜市在住。アパレル販売員、読者モデル、ファッション雑貨店マネージャーを経て、2011 年ミソガールとして「365 日味噌活宣言」をし、みその普及啓蒙活動を開始。2012年「みそソムリエ」取得。2014 年「ジャパン味噌プレス」創刊。2015年「ミラノ国際博覧会日本館サポーター」「朱鷺米応援大使2015」(佐渡市)に就任。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等がある。2016 年より「中央情報専門学校」非常勤講師。2016年10月株式会社ミソド設立、代表取締役。一般社団法人みそまる普及委員会 理事。