湖南農業高×CoCo壱番屋味噌カレーメニュー

湖南高校

\ちまたで話題のみそ情報をピックアップ/

湖南農業高×CoCo壱番屋味噌カレーメニュー

 

滋賀県立湖南農業高等学校食品化学科2 年生と、カレーチェーン店「CoCo 壱番屋」

の県内店舗を運営する「アドバンス」が、米味噌を使ったカレーを共同開発。

甘みがあると定評の同高オリジナルブランド「湖農味噌」に、

草津特産の愛彩菜をミックスし、まろやかな味に仕上げた。

「手づくり味噌には愛着や自信を持っている生徒たちですが、一生懸命に考えたレシピが商品となり、

多くの人に喜んで食べていただけるという経験は貴重です。

今後も、いろいろな商品開発に携わっていければうれしい」と、岡田充弘先生。

「近江牛煮込みカレー」は彦根中薮店、東近江五個荘店、大津におの浜店、草津野路店、

「味噌と焼き豚のカレードリア」は五個荘店、栗東インター店で食べられます(期間限定)。

 

Students in the second year of Shiga Prefectural Konan Agricultural High School
and CoCo Ichibanya (a curry chain restaurant)
co-produced miso curry.

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。