みそ由来の乳酸菌新素材「蔵華(くらはな)乳酸菌LTK-1」を開発

「蔵華(くらはな)乳酸菌LTK-1」1

\ちまたで話題のみそ情報をピックアップ/

みそ由来の乳酸菌新素材「蔵華(くらはな)乳酸菌LTK-1」を開発

 

「蔵華(くらはな)乳酸菌LTK-1」2

愛知の老舗醸造メーカー・イチビキは、アダプトゲン製薬と共同で、イチビキのみそ蔵に長年すみついていた乳酸菌から乳酸菌新素材「蔵華(くらはな)乳酸菌LTK-1」を開発。同菌のマウスの体重増加や内臓脂肪蓄積の抑制効果を確認した。今後は人に対する効果なども実証していくという。

イチビキ(名古屋市熱田区新尾頭1-11-6)TEL0120-35-3230

Ichikibi, a miso manufacturer, and Adaptgen Pharmaceutical co-developed Kurahana Nyusankin LTK-1,
lactic acid bacteria derived from miso.

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。