みずみずしさが凝縮「スイカのみそ漬」

スイカのみそ漬

\ちまたで話題のみそ情報をピックアップ/

みずみずしさが凝縮「スイカのみそ漬」

今が旬の「スイカのみそ漬」は、スイカの皮の青い部分をむいて適当なサイズにカットし、みりんなどでのばした「みそ床」に一晩漬けるだけで完成(漬けすぎてしまうと辛いので要注意)。すっきりさっぱりで、お茶請けにもピッタリ。いつもは捨ててしまうスイカの皮も有効活用。

Suika no Miso-zuke is prepared by pickling watermelon skin in miso and mirin for one night,
which is refreshing and goes nicely with tea.

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。