手前味噌ワールドに新しい風

手前みそ

「みそ、みそ、みそ、てまえみそっ♪」と一度聴いたら忘れられないメロディーと、アニメ「だいずシスターズ」「はっこうきょうだい」のキュートな味噌ダンスが大人気の『てまえみそのうた』。
仕掛人は、山梨県甲府市にある味噌蔵、五味醤油六代目の五味仁さんと、合同会社++小倉ヒラクさん。どうしたら味噌仕込みの楽しさをわかりやすく伝えられるかと考えた末に誕生。作詞作曲・うたは、
森ゆにさん。NHK テレビ「きょうの料理」で放映後ブレイクし、今や全国各地の味噌仕込みの会で使用されている。
甲府では、米麹と麦麹半々をミックスした甲州味噌が愛されている。盆地で斜面が多く稲作には適さないため、米が貴重で米麹に麦麹が混ぜられるようになり、まろやかで飽きのこない甲州の味を築いた。ほうとうは、太麺と甲州味噌が決め手。具だくさんでヘルシーな郷土の味だ。
けれども「てまえみそのうた」は甲州味噌だけが主役ではない。サビのフレーズ「うちの数だけみその味♪」には、地域に根付いた手前味噌をつくることで、それぞれが「うちの味」を誇りにし、手前味噌文化が広がることを願っている。
五味さん自身も、手前味噌教室を頻繁に開催。「去年の味噌は美味しかった!と言われるのが、最高にうれしい瞬間。手前味噌人口が、どんどん増えたらいいですね」と笑顔で語った。
大変と思われがちな味噌づくりだが、実はとても簡単。しかも美味しくて楽しいといいことづくめ。手間をかけることの大切さ、「いただきます」や「ありがとう」という現代人が忘れかけていた大切な心
に気づかせてくれるきっかけにもなる。皆さんも、ぜひ手前味噌づくりを!

てまえみそのうた2 てまえみそのうた3

 

 

てまえみそのうた

 

「てまえみそのうたDVD つき」
作:小倉ヒラク&コージーズ
発行:農山漁村文化協会
定価:1500 円税別
体裁:B5 変形判 36 ページ

Temae Miso no Uta, sung by Yuni Mori, is a popular song which explains the process of making miso with a fun melody, animation and dance. The trendsetters are Hitoshi Gomi from Gomi Miso and Hiraku Ogura from + + LLC. It caught on after being broadcast by NHK. Since then it’s been played across Japan at events where people learn how to make miso. They hope the song will motivate more people to make miso and to be proud of the uniqueness of handmade miso.

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

藤本智子(ふじもとともこ) 1985 年生まれ、横浜市在住。アパレル販売員、読者モデル、ファッション雑貨店マネージャーを経て、2011 年ミソガールとして「365 日味噌活宣言」をし、みその普及啓蒙活動を開始。2012年「みそソムリエ」取得。2014 年「ジャパン味噌プレス」創刊。2015年「ミラノ国際博覧会日本館サポーター」「朱鷺米応援大使2015」(佐渡市)に就任。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等がある。2016 年より「中央情報専門学校」非常勤講師。2016年10月株式会社ミソド設立、代表取締役。一般社団法人みそまる普及委員会 理事。