みそトレンド万能調味料「トマみそ」ブーム到来!

トマみそ

 

はちみつみそ、食べるラー油、塩麹、塩レモンなど、

ここ数年、さまざまな調味料がトレンドになっているが、

ここへきて、人気急上昇中なのが「トマみそ」。

その名の通り、トマトとみそを組み合わせてつくる万能調味料のこと。

 

トマみそ

 

洋食材としてのイメージが強いトマトだが、みそとの相性は抜群で、みそ汁や炒め物、煮込み料理、ディップ、パスタ、冷奴、焼肉など、アイデア次第で幅広く応用できる。簡単なのに味がキマルと評判で、「トマみそ」をメニューとして取り入れる飲食店や、「トマみそ」をうたった商品も多く登場している。

おいしさの秘密は「グルタミン酸」。トマトとみそに含まれるグルタミン酸が合わさることで、うま味が格段にアップする。
そのほかトマトに含まれるカリウムは塩分を体外に排出する効果があり、トマトの赤い色素リコピンは、抗酸化作用が強いことで知られるが、みそと一緒に日々取り入れることで、生活習慣病予防や美肌、アンチエイジング効果などが期待できると、言うことなし!

本格派は、生のトマトやホールトマト、ドライトマトなどを使用するが、手軽につくりたい場合は、トマトケチャップでOK。トマトケチャップ:みそ=1:1 で混ぜれば完成。みそはお好みだが、煮込みに使用するなら赤みそ、ディップやソースなどそのまま使うなら白みそがおすすめだ。
保存期間は、消毒した密閉容器に入れ、冷蔵庫で2 週間、冷凍庫で1 か月ほど。

 

Toma Miso is a versatile seasoning made with tomatoes and miso. The kinds of miso recommended to make Toma Miso are reds for simmered dishes and whites for dips and sauces.

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。