教えて池川明先生!「みそが妊活にいいワケ!」

国内のみならず世界を股にかけ、講演活動をしている「胎内記憶」研究の第一人者、産婦人科医の池川明先生。胎内記憶を通じて、これまで数多くのお母さんを笑顔にしてきた池川先生が、これから出産を考えている人たちに伝えているのが、妊娠するまでの食生活や生活習慣の大切さ。妊娠しやすい、産みやすい体をつくる上で、みそが大切な役割を担っている理由を池川先生に聞きました。

池川明先生の取材記事

妊活とは?

数年前から頻繁に使われるようになった「妊活」とは、妊娠についての知識を身に付けたり、妊娠にあたって自身の体の現状を把握したりすること。昔から「赤ちゃんは授かりもの」といいますが、最近は不妊や流産によって、授かりたくても授かれないケースも少なくありません。

生活習慣が赤ちゃんに影響してしまうのですか?

女性の体には卵巣があり、その中に、これから赤ちゃんになる卵(原始卵胞)が眠っています。それは5 か月の胎児の時が一番多くて700万個、生まれた時点で200万個、以降、時間の経過とともにどんどん減っていき、残り2000個になった時に排卵が停止、すなわち赤ちゃんを産むことができなくなると考えられています。このように自然に消えていくこととは別に、有害な化学物質やたばこなど、外的障害によっても原始卵胞は傷ついたり消滅したりしてしまいます。妊娠を希望するなら、できるだけ多くの健康な卵子を維持すること。つまり、妊娠前から食事や身の回りのことに気を配り、ストレスや冷え症なども改善、解消しておくことが大切です。

どんな食事を心掛ければよいでしょうか?

食事は当然、和食がいいですね。中でも「みそ汁」は、卵子の老化を防ぐといわれています。みそ汁なら、一度にたくさんの野菜や海藻をとれるし、体温も上がるため、自然と赤ちゃんができやすい体がつくられていくでしょう。主食はなるべく精製度の低い炭水化物(農薬の心配の少ないもの)で、植物性たんぱく質を多くとり、果物や野菜、豆類やナッツ類など、葉酸と鉄分を多く含むものを食べるように心がけましょう。抗酸化作用やデトックス効果がある食材、体を温める食材などを、みそ汁の具としてプラスすれば、なおgood! でも、ストイックになりすぎてストレスになっては本末転倒。一番大事なのは、いつでも笑顔でいること。そうすれば、きっと赤ちゃんは来てくれると思います。

Obstetrician Dr. Akira Ikegawa, a leading researcher of prenatal memory who gives lectures on the subject all around the world, says miso is a strong ally for women as it can help them get pregnant and prepare their body for a smooth, easier labor.

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

藤本智子(ふじもとともこ) 1985 年生まれ、横浜市在住。アパレル販売員、読者モデル、ファッション雑貨店マネージャーを経て、2011 年ミソガールとして「365 日味噌活宣言」をし、みその普及啓蒙活動を開始。2012年「みそソムリエ」取得。2014 年「ジャパン味噌プレス」創刊。2015年「ミラノ国際博覧会日本館サポーター」「朱鷺米応援大使2015」(佐渡市)に就任。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等がある。2016 年より「中央情報専門学校」非常勤講師。2016年10月株式会社ミソド設立、代表取締役。一般社団法人みそまる普及委員会 理事。