忠臣蔵にも登場する「ちくま味噌」

竹口友章さん

\忠臣蔵にも登場する「ちくま味噌」江戸庶民に愛されて300 年/
株式会社ちくま食品 取締役社長 竹口友章さん

 

昭和40年

 

東京の深川永代橋の側にある「ちくま味噌」は、創業300 年以上も歴史のある味噌蔵だ。
「忠臣蔵」に登場する「赤穂浪士」も休憩に立ち寄ったとして石碑が残されている。
また、歌舞伎の「四千両小判梅葉」の中にも、
「道理で味がいい味噌はちくまにかぎるのう」という台詞が登場するほど、
人々の生活になじんでいたとされる。

すでに100 万人都市だった当時の江戸では「手前味噌」が追いつかず、
日本中から大量の味噌が運ばれるようになり、
それが味噌業の発展へとつながった。

中でも、江戸庶民に好まれたのは、
「江戸甘味噌」という光沢のある茶褐色の味噌。
大豆の香味と麹の甘みが見事に調和した味噌で、
田楽やどじょう汁、土手鍋などの江戸料理に巧みに使われた。

その後も、明治維新や関東大震災など歴史の波に揉まれながらも、
順調に業績を上げていったちくま味噌。
特に東京大空襲の際には、いち早く鉄筋製の工場を導入していたことから倒壊を免れ、
食糧難に陥った市民に味噌を提供し、都市復興の原動力の一つとなった。

1977 年に入社し、製造業務からスタートした竹口さんだったが、
驚いたのは、味噌職人の技の繊細さとするどい勘。
長年の経験から、その日の麹や味噌の出来具合を直感で感じ、手入れを行う。
数年間現場で修行した後、販売 や営業職を経て、
販売業を主軸にした関連会社「ちくま食品」の社長に就任、現在に至る。

味噌汁の消費が大きく落ちている現状に、
「味噌汁はもともと家庭のものであったが、いつからか、
『料亭で出るような味噌汁こそ本物の味』という印象が根付き敷居が上がってしまったのは否めない。
もっと自由に、各家庭の個性を楽しんでもらいたい」と話す。
「味噌仕込み教室」ほか、地域の食育活動にも熱心に取り組んでいる。

また、海外での味噌の需要の高まりに着目。
アメリカ、アジア、ヨーロッパへとさらなる事業拡大のため、海外へ出向くことも多いそう。
ちくま味噌の商品は羽田空港でも販売中。
外国人観光客のお土産としても人気だ。

 

株式会社ちくま食品
東京都江東区佐賀1-2-9 猪瀬ビル5 階
TEL03-3641-5101

みそ【十六代秘伝造り】
厳選された国産原料使用、
秘伝の製法でじっくりと熟成させた、無添加
こうじ味噌。1kg 1404 円(税込)

赤穂浪士石碑

 

Chikuma Miso located near Eidai-bashi Bridge in Tokyo was established more than 300 years ago.
It plans to expand its business abroad as miso has been gaining increased attention internationally.
The company’s products are available at Haneda Airport,
which are very popular among foreign travelers.

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

藤本智子(ふじもとともこ) 1985 年生まれ、横浜市在住。アパレル販売員、読者モデル、ファッション雑貨店マネージャーを経て、2011 年ミソガールとして「365 日味噌活宣言」をし、みその普及啓蒙活動を開始。2012年「みそソムリエ」取得。2014 年「ジャパン味噌プレス」創刊。2015年「ミラノ国際博覧会日本館サポーター」「朱鷺米応援大使2015」(佐渡市)に就任。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等がある。2016 年より「中央情報専門学校」非常勤講師。2016年10月株式会社ミソド設立、代表取締役。一般社団法人みそまる普及委員会 理事。