「味噌」は最強ロハス食品!「HELLO ~ロハみそプロジェクト」

ロハみそプロジェクト3

 

ロハスなヒト・モノ・コトを表彰する「第10 回ロハスデザイン大賞2015 新宿御苑展」

(主催:一般社団法人ロハスクラブ、運営:月刊ソトコト/孫の力)が開催されました。

「ロハスな人々」はビジネスや政治のあり方まで変える可能性を秘める存在として注目され、

欧米ほか日本でも急増中。

この日は、「健康ときれい」を伝えるオーガニック・サロン「きれいのたね」のブースで、

「籾発芽玄米」とともに、「ロハみそ」を使ったみそまるづくり&販売&試食を行いました。

「ロハみそ」とはロハスなお味噌のこと。

味噌はもともとロハスなものですが、

地元でしか手に入らない超プレミアム級味噌をセレクトし、

「HELLO ~ロハみそプロジェクト」と命名。

協賛企業(六甲味噌製造所、花角味噌醸造、たちばな、長友味噌醤油醸造元、宮入醸造、

マルキヨ味噌、中定商店、まるみ麹本店、ヤマキ、山内本店、マルカワみそ)の協力を得て、

ロハスな暮らしとして「味噌のある生活」を提案。好評を博しました。

新宿御苑に訪れた外国人観光客の多くが、

はじめての「日本(味噌汁)の味」に感動。

また調味料にこだわりを持っているお客様も多く、

「原料は?」「製法は?」「産地は?」といった質問に、

ミソガールの味噌トークも全開。

お客様は一つひとつ味噌の特徴を尋ね、

味見をした上で納得し、味噌をチョイス。

単価1000 円以上の味噌が飛ぶように売れていきました。

味噌は最強の「エコでロハスな食品」。

今後の「ロハ味噌プロジェクト」にもご注目ください。

 

ロハみそプロジェクト2

ロハみそプロジェクト1 ロハみそプロジェクト4

 

Miso Girl held a misomaru workshop using Loha Miso,
a blend of premium kinds of miso from sponsoringcompanies,
at a booth at an event concerning LOHAS,
which is one of the rising trends throughout the world that miso fits right in with.

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

藤本智子(ふじもとともこ) 1985 年生まれ、横浜市在住。アパレル販売員、読者モデル、ファッション雑貨店マネージャーを経て、2011 年ミソガールとして「365 日味噌活宣言」をし、みその普及啓蒙活動を開始。2012年「みそソムリエ」取得。2014 年「ジャパン味噌プレス」創刊。2015年「ミラノ国際博覧会日本館サポーター」「朱鷺米応援大使2015」(佐渡市)に就任。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等がある。2016 年より「中央情報専門学校」非常勤講師。2016年10月株式会社ミソド設立、代表取締役。一般社団法人みそまる普及委員会 理事。