海外セレブも大注目のココナッツオイルを味噌汁に!?

ココナッツオイル味噌汁
みそトピ

 

\海外セレブも大注目のココナッツオイルを味噌汁に!?/

Coconuts

 

認知症予防やアンチエイジング効果があると話題沸騰中のココナッツオイル。

2025 年には国内患者数が323 万人に達する(厚生労働省)といわれているアルツハイマー病。
これまで症状を緩和させる薬はあっても、有効な治療薬はありませんでした。
米国のDr. メアリー・T・ニューポートがココナッツオイルでアルツハイマー病が治療できることを発見。
長年、同病を研究する白澤卓二先生
(写真:順天堂大学大学院医学研究科加齢制御医学講座教授)はこれを受け、
『アルツハイマー病が劇的に改善した!米国医師が見つけたココナツオイル驚異の効能』を上梓、
ブームに火がつきました。

脳の神経細胞の障害であるアルツハイマー病。
神経細胞は「グルコース(ブドウ糖)」をエネルギー源としますが、
発症するとグルコースを使えず、脳がガス欠状態をおこします。
その時もう一つのエネルギー源となるのが肝臓で分解されてできる「ケトン体」。
ココナッツオイルにはこのケトン体をつくる中鎖脂肪酸が約60%も含まれており、
アルツハイマー病の救世主として注目されています。

「高齢者のイメージがあるアルツハイマー病ですが、
50 ~ 55 歳くらいから進行が進む場合が多く、
早くからココナッツオイルをとることで認知機能の維持が期待できます。
アンチエイジングやダイエット効果もあるので、
ごはんの量を減らすなど糖質制限の食事と組み合わせれば、より効果が発揮されます」と白澤先生。

エネルギーを使う朝食や昼食には「ココナッツオイル味噌汁」がおすすめ。
フツーの味噌汁に小さじ1/3 程度のココナッツオイルを入れるだけというので、
早速やってみました。
すると、バターを入れたような濃厚な風味とボリューム感(満腹感)が味わえます。
皆様もぜひお試しください!

 

ココナッツオイルでボケずに健康
『アルツハイマーの改善&予防に!
ココナッツオイルでボケずに健康』
医学監修:白澤卓二 料理:ダニエラ・シガ
出版:主婦の友社 定価:950 円(税別)
カレーやスープ、スムージーほか、味噌と
相性がよいことも紹介。

Mary T. Newport, M.D. discovered the benefits of using coconut oil to treat Alzheimer’s disease.
Prof. Takuji Shirasawa at Juntendo University has been spreading theword.
The oil goes well with miso soup.

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

藤本智子(ふじもとともこ) 1985 年生まれ、横浜市在住。アパレル販売員、読者モデル、ファッション雑貨店マネージャーを経て、2011 年ミソガールとして「365 日味噌活宣言」をし、みその普及啓蒙活動を開始。2012年「みそソムリエ」取得。2014 年「ジャパン味噌プレス」創刊。2015年「ミラノ国際博覧会日本館サポーター」「朱鷺米応援大使2015」(佐渡市)に就任。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等がある。2016 年より「中央情報専門学校」非常勤講師。2016年10月株式会社ミソド設立、代表取締役。一般社団法人みそまる普及委員会 理事。