「初代マルコメちゃん」は長崎出身の下田朝陽さん(20)に決定!

下田さんとマルコメ君
みそトピ

 

マルコメ株式会社は、アソビシステム株式会社とのコラボレーションで
「これまでにない新しい味噌汁」開発プロジェクトに取り組む。
その一環で、マルコメの新キャラクター「マルコメちゃん」をオマージュした
ショートカットの似合う女性を選ぶ「初代マルコメちゃんオーディション」を開催。

11 月7 日、ファッション、音楽、アニメ、フードなど
日本の多彩なカルチャーを世界に発信する
「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2015 inTOKYO(通称:もしフェス)」
の最終審査が東京体育館で行われ、
約600 名の中から選ばれたファイナリスト7 名がステージに登場。

審査員は、青文字系ファッション雑誌「mer」編集長・正田省二氏、C Channel 社長・森川亮氏、
アソビシステム株式会社中川悠介社長、マルコメ株式会社青木時男社長。
特別審査員を務めたのは、「味噌ナツメ」こと、歌手・モデルの三戸なつめさん。

ファンやマルコメくんが見守る中、いよいよ発表。
「初代マルコメちゃん」に選ばれたのは、長崎出身の下田朝陽さん(20 歳)。
最終審査で「好きな味噌汁の具」として「柿」を挙げ注目度が高かったほか、
「長い髪をばっさり切って応募しました。マルコメちゃんになれたら、
味噌汁をたくさん食べてがんばります!」
と元気いっぱいアピールし、グランプリに輝いた。

「なにがなんだかわからないです。でも、すごくうれしいです」とコメントし、
味噌汁1 年分を受け取った下田さん。
今後は「mer」モデルとして誌面に登場するほか、
マルコメ新商品の広告物へも出演する。

また特別賞「C CHANNEL 賞」には、
鹿児島出身の田口美早季さん(19 歳)が選ばれた。

マルコメの青木時男社長は、
「こんなにかわいいマルコメちゃんが決まってうれしい。
マルコメは世界にどんどん向かっています。下田さんもぜひ世界へ羽ばたいてください!」
とエールを送った。

味噌汁が飛び出ちゃうくらい元気なマルコメちゃんの活躍に乞うご期待!

マルコメ株式会社

 

青木社長からみそ樽授与

 

Asahi Shimoda from Nagasaki has been chosen as the first Marukame-chan,
a mascot for the miso manufacturer Marukome.
She will be the face of the company’s upcoming products,
and she also will be appearing in the fashion magazine Mer as a model.

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

藤本智子(ふじもとともこ) 1985 年生まれ、横浜市在住。アパレル販売員、読者モデル、ファッション雑貨店マネージャーを経て、2011 年ミソガールとして「365 日味噌活宣言」をし、みその普及啓蒙活動を開始。2012年「みそソムリエ」取得。2014 年「ジャパン味噌プレス」創刊。2015年「ミラノ国際博覧会日本館サポーター」「朱鷺米応援大使2015」(佐渡市)に就任。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等がある。2016 年より「中央情報専門学校」非常勤講師。2016年10月株式会社ミソド設立、代表取締役。一般社団法人みそまる普及委員会 理事。