日本中が涙したベストセラー「はなちゃんのみそ汁」が 映画化!

みそトピ

 

20 代で乳がん、結婚・出産を経て肺がんに転移、
33 歳の若さでこの世を去った安武千恵さんと、
夫・安武信吾さん、娘・はなちゃんの実話を元にした
エッセイ『はなちゃんのみそ汁』(文藝春秋刊)は、
2012 年に発売されるやいなや、
常にひたむきな明るさで生きる姿が日本中で話題を呼び、
書籍やテレビドラマ化、教科書への採用など、社会現象を巻き起こした。

その『はなちゃんのみそ汁』が、このたび映画化された。

はなちゃんは5 歳の頃から毎朝鰹節を削り、味噌汁をつくっている。
それは、亡き母・千恵さんとの約束。
母が娘に伝えたかったのは、「食べることは生きること」。

映画で千恵さんを演じるのは広末涼子さん。
信吾さん役は滝藤賢一さん。
はなちゃんを演じるのは赤松えみなちゃんだ。

11 月4 日に開かれた完成記念のイベントでは、
広末さんとえみなちゃんが鰹節を削ったり豆腐を切ったりして味噌汁づくりを披露。
会場は終始和やかなムードに包まれた。

広末さんは、「母が試験前は必ず味噌汁を飲んでいきなさい。
脳の動きが良くなるからって。当時はいまいち意味がわかっていなかったけれど、
朝あったかいお味噌汁を飲むことで、基礎体温を上げたり、
体や脳を活性化したり。ママの言うことは間違っていなかったんだな」と
味噌汁のエピソードを披露し、母親への感謝を口にした。

一青窈の主題歌『満点星』(ユニバーサルミュージック/EMI Records)も心に響く曲。
命や家族の大切さ、生きることの意味を考えさせられる映画である。

 『はなちゃんのみそ汁』1104イベントオフィシャル⑤

はなちゃんのみそ汁(文春文庫・帯なし)
文庫版『はなちゃんのみそ汁』
安武信吾・千恵・はな 文藝春秋/ 580 円(税別)

 

Hana-chan no Misoshiru, a moving and inspirational true story about Hana-chan,
who has made miso soup every morning since she was five years old,
her father, and her mother, who passed away from cancer at the age of 33,
was made into a movie.

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

藤本智子(ふじもとともこ) 1985 年生まれ、横浜市在住。アパレル販売員、読者モデル、ファッション雑貨店マネージャーを経て、2011 年ミソガールとして「365 日味噌活宣言」をし、みその普及啓蒙活動を開始。2012年「みそソムリエ」取得。2014 年「ジャパン味噌プレス」創刊。2015年「ミラノ国際博覧会日本館サポーター」「朱鷺米応援大使2015」(佐渡市)に就任。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等がある。2016 年より「中央情報専門学校」非常勤講師。2016年10月株式会社ミソド設立、代表取締役。一般社団法人みそまる普及委員会 理事。