【猫のひたいほどワイド】2/21放送「戦国武将も楽しんだ汁講」

\tvk「猫のひたいほどワイド」レギュラー出演中/

今回の放送では、お笑い芸人のあべこうじさんが特別ゲストでご出演。

なんと、無類のみそ好きとのこと。メイク室でばったりお会いし、しばし、みそ談義をさせていただきました。ご自宅には数種類のみそを常備しているというのには感激。

本番では、「みそ汁かぶりたいほど好き!」とコメントし、スタジオの笑いを誘いました。笑

写真撮影にも快く応じていただき、インスタでも紹介してくれました!

今日のテーマは、「汁講(しるこう)」です。

「汁講(しるこう)」とは、戦国武将も楽しんだ「みそ汁パーティー」のこと。主宰者が汁(具材含む)と酒を用意し、客人がごはんを持参して、鍋を囲んで酒を酌み交わす宴。豪華ではないけれど心のこもったホームパーティーのようなもので、人々は「汁講」を開いて歌ったり踊ったり、楽しい時間を過ごしたといわれています。

「汁講を現代版にアレンジニャン」(→猫ひたなので)。

ということで、手軽にできる「みそ餃子鍋」をご紹介! 冷凍餃子で簡単にでき、シャキシャキ感を少し残したレタスが相性抜群です。

【材料】(4人分)
だし汁 水1000ml
酒 100ml
みりん 50ml
みそ 80g
しょうが 1片 ※すりおろす
にんにく 1片 ※すりおろす
餃子(市販) 12個
レタス 半分
しいたけ 4枚
春雨 30g
クコの実 適量

【つくり方】
1 鍋に、だし汁、酒、みりん、しょうが、にんにくを入れ、温める。沸騰したら、餃子としいたけを入れて少し煮立たせる。
2 春雨を加え、さっと煮たら、レタスを加え、みそを溶き入れてすぐ火を消す。
3 クコの実を散らす。

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。