【猫のひたいほどワイド】3/14放送「さくら味噌で春をおいしく」

\tvk「猫のひたいほどワイド」レギュラー出演中/

今回の放送では、豆腐やこんにゃく、なす、アユなどに、甘く仕立てた味噌をつけていただく「田楽」をご紹介。田楽は、手軽さとおいしさから、江戸時代の庶民のファストフードとして人気を博しました。見た目もかわいくて、パクッと食べられるので、花見にもおすすめです! 「さくら味噌」以外にも、お好きな味噌でアレンジ可能、下記の田楽ソースを、豆腐やなす、こんにゃくなど、お好きな食材に塗ってお召し上がりください。少し焼くと香ばしさが増します。

【田楽ソース 材料】
さくら味噌 200g
砂糖 50g
酒 120ml
みりん 大さじ3
卵黄 1個分

【作り方】
1 鍋に味噌と卵黄を入れて混ぜ合わせる。
2 砂糖、酒、みりんを入れて弱火でじっくりと練り上げる(10分程度)。
3 表面につやが出てとろみがついたら火からおろす。粗熱がとれたら密閉容器に入れて冷蔵庫で保存。
※保存は清潔な密閉容器に入れて冷蔵で約1か月。

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

藤本智子(ふじもとともこ) 1985 年生まれ、横浜市在住。アパレル販売員、読者モデル、ファッション雑貨店マネージャーを経て、2011 年ミソガールとして「365 日味噌活宣言」をし、みその普及啓蒙活動を開始。2012年「みそソムリエ」取得。2014 年「ジャパン味噌プレス」創刊。2015年「ミラノ国際博覧会日本館サポーター」「朱鷺米応援大使2015」(佐渡市)に就任。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等がある。2016 年より「中央情報専門学校」非常勤講師。2016年10月株式会社ミソド設立、代表取締役。一般社団法人みそまる普及委員会 理事。