「夕食を頑張りすぎない!働くママのYGM料理教室」開催

忙しい・疲れている日にストレスなく夕食作りをするためのソリューションとして、『YGM(夕食はごはんと味噌汁だけ)』プロジェクトを推進中! 2019年2月8日、『夕食を頑張りすぎない!働くママのYGM料理教室』と題した1日料理教室を渋谷で開催し、日々忙しく夕食づくりに悩むCyberZ社のママ社員の皆さんに参加いただきました。

自身も働くママで、YGMレシピを監修した人気料理研究家ワタナベマキさんが講師としてご登壇。毎日、仕事・家事・育児をこなす働くママ達にとって何かと悩みの種になる夕食作りの時短のコツや、調理のコツを伝授しながら、野菜がたっぷり入ってごはんにも合うYGMレシピ2品を紹介いただきました。

CyberZ社では、子育て中の社員に対する「キッズホリデイ」(子どもの誕生日休暇)制度など、社員のワーク・ライフの充実に取り組んでいるそうです。人事マネージャーの山本真由美さんは、「仕事も家庭もどちらも大事。でも仕事の後、保育所にお迎えにいって、家に到着後すぐ夕食の支度をするのは、その日の体調などよっては、正直大変な時もあります。でも、そんな日は無理せず『YGM』と教えていただけたので、気持ちが楽になりました。今日教えていただいたレシピは、お野菜もたっぷりとれて、子どもも喜んで食べてくれそう。わが家でも早速実践します」とYGMへ期待を寄せました。

参加者からも「週に2回ぐらいは『YGM』を実践してみたい」「今まで味噌汁はあまり作らなかったけど、『YGM』はすごく楽ですね。これからはもっと作りたいと思います」と、前向きの声が多くあがりました。

講師のワタナベさんは「私も小学生の息子がいて、仕事の合間に家事や食事の準備をしています。夜、どうしても時間がとれない時は、今日ご紹介したような、具沢山の味噌汁を作っています。子どもも喜んで食べてくれるし、健康にも良いので、『YGM』はお勧めです」と、無理せず準備できる味噌汁の良さを強調しました。

働くママ達は、どんなに忙しくても、家族のため夕食作りを頑張ってしまいがちです。しかし、理想とする夕食のハードルの高さから、悩みストレスを感じているという実態を知り、この『YGM』活動に取り組んでいます。味噌は、タンパク質やビタミン・ミネラルがとれる上、具沢山にすることで、さらに栄養価が高まります。家族のためにも自分のためにも、日々Happyでいることが一番。ストレスを感じたら迷わず『YGM』を試してほしいです!

ワタナベマキさんの新刊本『何も作りたくない日は ご飯と汁だけあればいい』(KADOKAWA)は3月4日発売。ぜひ、YGMの参考にしてみてくださいね。

この日紹介いただいた2つのYGMレシピは、下記、ジャパン味噌プレスHPでも公開中!

紹介レシピ①「れんこんと豚肉の赤みそ汁

紹介レシピ②「茄子とトマトのチーズみそ汁

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。