今度は、あのマルコメ君がDJ に!?「DJ MARUKOME」デビュー

マルコメくん3

マルコメイメージキャラクターとしておなじみ、マルコメ君が、「DJ MARUKOME」として活動を開始する、というニュースが飛び込んできた。昨年の「MISO KAWAII」プロジェクトに続く、マルコメ㈱×アソビシステム㈱の新たなコラボレーションだ。

初お披露目は、11 月26 日・27 日に東京体育館で開催された「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL2016 in Tokyo」。伝統芸能からポップカルチャーまで幅広いジャパニーズカルチャーを集結し、世界に向けて発信するイベントで、原宿系に代表される青文字系の若者たちから絶大な人気を誇っている。

ジャンパーにヘッドホンをつけたワイルドなマルコメ君がDJ ブースに登場すると、「えっ、あのマルコメくん?」「かわい~!」という声が飛び交う中、コマーシャルソング「♪マルコメ〜マルコメ〜」のダンスリミックスが流れると、笑顔と歓声が上がり、会場はみそ汁大フィーバー! DJ MARUKOMEはディスクとお玉を回して、フロアを温めた!

DJ MARUKOME のデビューを見守っていたマルコメ社員の塚田伸弘さんは、「最初は驚いたけど、みその魅力を若者や外国人に知ってもらうきっかけになると思うと、長年勤めている社員としてもうれしいですね」と笑顔でコメント。広報の尾田春菜さんは、「若い世代にも、マルコメの新たな取り組みを楽しんでいただけたようで感動です。みその魅力は無限大。今後もこれまでにないような面白い試みを実践していきたい」と意気込みを語った。

マルコメくん4

DJ MARUKOME

マルコメくん2

Marukome-kun, the mascot of the miso manufacturer Marukome, made a debut as a DJ under the name “DJ MARUKOME.” The company hopes to keep conveying the appeal of miso through such unique projects.

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。