日本の発酵文化を世界中へ。「発酵アンバサダー」12 か国25 人誕生!

イベント

3 月27 日(日)、銀座NAGANO で「発酵アンバサダー講座」が開催された(主催:長野市、発酵未来研究所)。目的は、日本在住の外国人向けに、日本の伝統・発酵食文化の魅力を伝えること。

試食

また世界一の長寿国である日本。中でも長野は日本一の長寿県。みその生産量と消費も日本一である長野の魅力もたっぷり紹介された。長野市国際交流員 、ペイジ・ノリスさんの「発酵講座」、発酵未来研究所研究員、髙島かおりさんの「塩レモン糀づくり」、カフェレストランラビットオーナーシェフ 、児玉信子さんの「発酵食品を活用した料理講座」と盛りだくさん。アメリカやヨーロッパ、アジアなど12 か国25 名の受講生に「発酵アンバサダー講座修了証」が授与され、発酵アンバサダーが誕生した。イベントを終え、発酵未来研究所の一條範好所長は、「発酵アンバサダーの皆様には、発酵食品の素晴らしさを世界に発信していただきたい」と語った。

塩糀

左)ガーリック味塩糀
中)塩レモン糀
右)カレー味塩糀

酵素の実験

酵素の実験

塩レモンづくり

塩レモン糀づくり

発酵未来研究所
http://www.hakkomirai.com/

Hakko Ambassador Course is a course for foreigners to study Japanese traditional fermentation culture.
25 participants have been certified as Hakko Ambassadors after finishing the course.

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。