広島~毎日のみそ汁で子どもが変わる~みそ講演会&みそまる教室

みそまる

1 月20 日、祇園西公民館(広島市)で「熟年大学&食育講座コラボ企画 みそ汁一杯の底力~手作りインスタントみそ汁『みそまる』のススメ~」が開かれ、約60 名が参加した。

 

渡邊敦光先生

広島大・渡邊敦光名誉教授の講演「味噌の持つ力」では、長年の研究データに基づく「みそ力」をわかりやすく解説。
先生の話を聞いて、会場が「みそをもっと食べよう!」というムードに包まれたところで、広島市食農コーディネーター・菅野美穂子さんによる「みそまる教室」がスタート。
料理教室を主宰するほか、広島を中心に食育イベントを企画・運営、みそまる教室も勢力的に行い、地元メディアにもたびたび取り上げられている菅野さん。
みそまるには、広島の老舗みそメーカー、新庄みそのみそを使用。あおさやカレー粉、すりごま、紫いも&かぼちゃパウダーなど、彩り豊かでカラフルなみそまるに驚きの声が上がった。 みそが体にいいと学んだあとの、みそまる体験だから、より効果的。参加者は口々に、「発酵食であるみその魅力やパワーを認識した」「こんなに簡単においしくつくれるみそまるに驚いた」などと話した。

 

菅野先生1

 

Participants of the seminar/workshoptaught by Dr. Hiromitsu Watanabe and Nutritionist Mihoko Sugano learned a lot about the power of miso.

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

藤本智子(ふじもとともこ) 1985 年生まれ、横浜市在住。アパレル販売員、読者モデル、ファッション雑貨店マネージャーを経て、2011 年ミソガールとして「365 日味噌活宣言」をし、みその普及啓蒙活動を開始。2012年「みそソムリエ」取得。2014 年「ジャパン味噌プレス」創刊。2015年「ミラノ国際博覧会日本館サポーター」「朱鷺米応援大使2015」(佐渡市)に就任。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等がある。2016 年より「中央情報専門学校」非常勤講師。2016年10月株式会社ミソド設立、代表取締役。一般社団法人みそまる普及委員会 理事。