「みそde ハッピー婚活party」男女20 人が参加

婚活5

\小学館Suits × みそ健康づくり委員会/
「みそde ハッピー婚活party」男女20 人が参加

 

 婚活1

 

11 月27 日、雑誌「Suits」とみそ健康づくり委員会のコラボ企画

「みそde ハッピー婚活party」が開かれました。

20 人の参加者は4 人× 5 チームに分かれ、自己紹介のあと、

みそ健康づくり委員会鈴木亮輔委員長・ミソガール藤本智子による「味噌セミナー」を受講。

全国から集めた8 種類の味噌を並べた「利き味噌」の場面では、

故郷の味噌や好みの味噌について語り合うなどして和やかなムードに。

最初はチームごとに異なる味噌と具材を使って「トマト&チーズ」「桜えび&アーモンド」

「大葉&とろろ昆布」「柚子&揚げ」「まいたけ&九条ねぎ」と5 種類の「みそまる」をつくります。

味噌は味や見た目はもちろん、触感もいろいろ。

硬めの味噌は混ぜるのに力が要るため自然と男性がリード。

続いての「白身魚の揚げ焼きwith 2 種のmisoソース」「豚肉とかぼちゃのピリ辛みそ炒め」

「サバの味噌煮」「鶏肉のみそクリームシチュー」「豆乳みそ鍋」と

5 種類のメニューをつくる場面では、料理上手な女性が腕をふるったり、

鍋奉行の男性が活躍したりと次第に個性もあらわれ、

調理という共同作業で一気に距離が縮まります。

いよいよおまちかね。

みんなでつくった味噌料理とみそまる(味噌汁)を食べながらのフリートークは立食スタイルで、

各自自由に移動しながらの交流を楽しみました。

味噌料理で心も体もあたたまった皆さん。

帰り際には「みそまる」を交換し合う人たちもいて、なんとなくいい感じ。

味噌で婚活、最高ですね。

 

婚活3 婚活4 婚活6 婚活7

 

The magazine “Suits” and Japan Miso Promotion Board hosted “Miso de Happy Konkatsu Party,”
an event for people searching for a marriage partner.
After Miso Girl’s miso seminar,
the participants were divided into teams and made misomaru and miso dishes.
They got to know each other while cooking and seemed to have fun.

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

藤本智子(ふじもとともこ) 1985 年生まれ、横浜市在住。アパレル販売員、読者モデル、ファッション雑貨店マネージャーを経て、2011 年ミソガールとして「365 日味噌活宣言」をし、みその普及啓蒙活動を開始。2012年「みそソムリエ」取得。2014 年「ジャパン味噌プレス」創刊。2015年「ミラノ国際博覧会日本館サポーター」「朱鷺米応援大使2015」(佐渡市)に就任。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等がある。2016 年より「中央情報専門学校」非常勤講師。2016年10月株式会社ミソド設立、代表取締役。一般社団法人みそまる普及委員会 理事。