全国のおいしいみそ&醤油が楽しめる創作和食居酒屋「せそ屋」

全国のおいしいみそと醤油を使った料理が楽しめる、広島の創作和食居酒屋「せそ屋」。

「店のコンセプトを決める際、みそと醤油は各地で味や色合いや、つくり方が違うことを知り、これは面白いしお客様に伝えたいと思ったのがきっかけで、2005年にオープンしました」と、店長の木下誠司さん。旬の食材をふんだんに使い、店長自ら全国を回って探して見つけてきた、みそと醤油から生まれる、自慢の創作料理の数々。

「朴葉焼き」「バーニャカウダ」「牛ハラミの味噌漬け焼き」など、すべての料理に、みそや醤油を使用。「お刺身盛り合わせ」は、なんと、醤油が6種類も出てくるので、好みの味を探しながら楽しめる。季節によってコース内容も変わるので、旬のメニューを堪能できるのも魅力。

みそ料理、醤油料理をおつまみにお酒を飲み、最後の〆もみそ汁。日本に生まれてよかったと感じずにはいられない居酒屋だ。人気のカウンター席で、スタッフと料理やお酒について話すのもよし、掘りごたつの席で、仲間とワイワイ食事を楽しむのもよし。

【せそ屋】
広島市中区三川町1-24
TEL082-249-9121
営業時間/17:30~翌3:00 日曜定休

Sesoya, a Japanese-style pub in Hiroshima, offers superb dishes made with miso and soy sauce. The owner has traveled all across Japan to look for high-quality miso and soy sauce to use for the dishes.

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。