都心で楽しむ発酵食 表参道「発酵居酒屋5」

東京メトロ表参道駅近くにある「発酵居酒屋5」は、「WIRED CAFE」などを手がけるカフェ・カンパニーが企画・運営。「発酵ワクワク大使」の異名をとる発酵料理人、鈴木大輝を料理長に招き、発酵食材を用いた料理を提供。手づくりと無添加、毎日通えることにこだわり、ワイン、日本酒、マッコリ、国産レモンの酵素シロップを使ったサワーやオリジナルブレンドの漢方茶なども取り揃えている。

人気メニューの塩麴で漬けた鶏の唐揚げはボリューム満点! 驚くほどジューシーで、柔らかく香ばしい。そのほか、「田楽」「猪豚のみそ焼き」「ディップ」などみそ料理も多数。定番の「八丁味噌」「西京味噌」のほか、青大豆や黒大豆、小豆、ひよこ豆といった珍しい豆を使った自家製みそ、韓国のサムジャンや中国の豆鼓など、多種多様なみそや調味料を使用し、それぞれ個性的な味を演出。「みそは東アジア人のソウルフード。天然のプロテインであり、整腸剤でもある素晴らしい食材」と、鈴木さん。落ち着いたスタイリッシュな店内で、のんびりとくつろげること間違いなし。デートや女子会など、大切な方とどうぞ。

発酵居酒屋5
東京都港区南青山3-18-3  B1F
TEL03-5413-8701
【営業時間】11:30~15:00、17:00~23:00 日曜定休

Hakko Izakaya 5, a Japanese pub in Omotesando, Tokyo, specializes in dishes and drinks made with fermented foods, including a variety of miso, each of which adds a special flavor.

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

藤本智子(ふじもとともこ) 1985 年生まれ、横浜市在住。アパレル販売員、読者モデル、ファッション雑貨店マネージャーを経て、2011 年ミソガールとして「365 日味噌活宣言」をし、みその普及啓蒙活動を開始。2012年「みそソムリエ」取得。2014 年「ジャパン味噌プレス」創刊。2015年「ミラノ国際博覧会日本館サポーター」「朱鷺米応援大使2015」(佐渡市)に就任。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等がある。2016 年より「中央情報専門学校」非常勤講師。2016年10月株式会社ミソド設立、代表取締役。一般社団法人みそまる普及委員会 理事。