みそ汁定食専門店「みそ汁亭 秀」

沖縄ならではの食文化といえば「みそ汁定食」。沖縄の食堂には、みそ汁がメインディッシュの「みそ汁定食」がふつうに存在。そば椀に入った、ビッグサイズのみそ汁には圧倒される!メニューの「白みそ汁」を注文すると、ごはんとたくわんが付いてくる。溢れんばかりのみそ汁の中身は…。菜っ葉、ランチョンミート、三枚肉、赤肉、島豆腐、かまぼこ、たまご、と沖縄県産の食材が盛りだくさん。

みそ汁定食を出すお店は数あれど、「白みそ」ベースのお店は珍しい。コクのある出汁スープと、白みそのやさしくてまろやかな風味が特徴で、毎日食べても飽きのこない味!「こんなにおいしいんだから、みそ汁のお店出しちゃえば」という家族の一言で、みそ汁亭を開業したというオーナーの池宮城多鶴子さん。

「まずはそのままを食べる、次に半熟たまごを割り崩して食べる、最後に自家製練りとうがらしで食べる、と三段階で味の変化を楽しんで」と教えてくれた。浦添本店は営業11時~20時。パチンコ店ファラオ駐車場にある。宜野湾と名護にもあるので、検索してGO!

【みそ汁亭 秀(浦添本店)】
沖縄県浦添市牧港1-62-19 TEL098-870-4266

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。