浅草・みそ汁専門店「MISOJYU」

銀座線浅草駅より徒歩3分、今年6月にみそ汁専門店「MISOJYU」がオープンした。書道家の武田双雲さんが発起人で、オーガニックのスペシャリスト、ベンチャー経営者、デザイナーなど、年齢や国籍を問わないメンバーで構成される「TEAM地球」が、プロデュースした店だ。オープン以来、外国人観光客や、地元の人々で連日賑わう。「朝ごはんからみそ汁を食べてほしい」との願いを込め、朝8:30から営業。みそは、島根県のやさか農場製のみそを中心に、独自の配合でブレンド。有機野菜を中心とした具沢山の実が入り、出汁は鰹節や昆布など、天然素材からしっかりと引いている。

MISOJYUレギュラーセット 1280円(税別) ※組み合わせ自由
レギュラー味噌汁+おにぎり1+煮卵ハーフ+お新香+サイド2品

定番のみそ汁から、トマトと牛スネを使用したみそポトフ風などバリエーションも豊富で、選ぶことも楽しみの一つ。「森のいろいろきのこのおみそ汁」(写真)は、焼いたきのこがたっぷり入った深い味わいで、ヘルシー志向の女性に人気。迫力満点の武田双雲さんの作品を眺めつつ、ゆったりとくつろげる空間。日本人でよかったと感じずにはいられない。「ふらっと立ち寄れて、癒される空間であってほしい」とスタッフの渡邉香葉子さんは、笑顔で語った。

東京都台東区浅草1-7-5 TEL03-5830-3101
【営業時間】8:30~19:00 月曜定休

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。