【ご当地グルメ】ぷりぷりコラーゲンたっぷり 博多みそモツ鍋

博多みそモツ鍋

ラーメン、明太子、水炊き…、食通にはたまらない食の楽園、博多。中でも欠かせないのが、「モツ鍋」だ。地元ではみそと同様に、「医者いらず」と呼ばれるほどスタミナ満点料理として親しまれてきた料理。ニンニクの効いたスープにプルンプルンのモツとキャベツやニラが絡み合い、絶妙なハーモニーを醸し出す。みそ味、しょうゆ味が、主流になっている。

「みそモツ鍋」のはじまりは諸説あるが、牛の内臓独特のクセや臭みをなくすために、しょうゆやみそで味付け、さらにニラやキャベツ、ニンニク、唐辛子などを加え、本場、博多の味ができた。シンプルな味付けだからこそ、素材にこだわるのが博多流。みそは数種類をブレンドするのがプロの技。鮮度が命のモツは、専門店で食べるのがおすすめだ。甘口、辛口、すっきり、こってり…店により個性があるので、そのつど違うテイストを味わうのも楽しい。モツを堪能したあとは、もちもちのチャンポン玉を投入して〆るのがお決まり。みそモツ鍋は、ボリューム満点なのにカロリー控えめ。コラーゲンもたっぷりだから、美容や健康に関心の高い女性たちに愛されている。

Motsunabe, a local dish of Hakata, is hot pot made with offal, vegetables, and miso, which is low in calories yet filling andnutrition packed.

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。