手づくりみそ愛好家に朗報!スゴイぞ! みそたまりパワー

みそ原料

みそ仕込みシーズン真っ盛りですね。皆さん、「手づくりみそ」に重しをしてしばらくすると、しょうゆのような液体が上がってきた経験はありませんか?それが「みそたまり」です。みその発酵・熟成中にできる、みそから分離した液体のことで、みそのエキスがぎゅ~っと凝縮されています。そのままみそに混ぜ込むか、お刺身や納豆にかけてもOK。病みつき必須のおいしさです。

みそたまり

みそたまりについての興味深いデータがあります。「みそ中の成分“DDMP サポニン”が疾病や老化の原因になる活性酸素を消去」(1994 年)という、東北大学・故大久保一良教授の研究データからご紹介します(「みそサイエンス最前線」みそ健康づくり委員会)。みその主原料である大豆には、疾病や老化の大きな原因とされる「活性酸素」を消去する作用があることが知られていますが、大豆のアク成分であるサポニンのうち、「DDMPサポニン」に活性酸素を消去する作用が確認されました。

これまで、ルイボスティーの葉や、なす、黒豆などに含まれるアントシアン系の物質に活性酸素の消去作用が強いことがわかっていましたが、大久保教授らの研究によって、ほかにどんな食品に作用があるのか、また測定方法などが発表されました。

結果、みそとしょうゆの数値が高く、これは原料である大豆の中に「DDMP サポニン」があるためではと考えられました。みそ以上に活性酸素を消去する力が強い食品は一般食品にはなく、中でもみそたまりが最高値だったそうです。

まだ試験管内の実験ではありますが、伝統的な食品であり、栄養価の高いみそを生活に取り入れることは、体の調子を整え、アンチエイジング効果も大いに期待されます。女性にとって一生のテーマである「アンチエイジング」には、手前みそのみそたまりがミソ!?

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。